So-net無料ブログ作成

中央軍事資料館(モスクワ)

モスクワの中央軍事資料館。
入るなり、レーニンがお出迎えするこの資料館は
その名の通りロシアの軍事に関する歴史資料館です。
mos-1.jpg

戦車、戦闘機、潜水艦、ロケット、魚雷。剣、銃。
それぞれ時代やどの戦争で何を使ったかなど
細かく展示、説明があります。

戦火で銃撃されても走り続けた車も展示されている。
狙撃されるポイントを何往復もした車は英雄とされたらしい。
1往復で星ひとつ。言葉で言うとすごく軽いのだけど
その車体にはいくつもの銃撃痕がある。

ジュード・ロウの「スターリングラード」を思い出した。
有能な狙撃兵ヴァシリ・ザイツェフのように英雄になった人たちの
写真や使用した武器、勲章も展示されている。
その映画で幼い少年が敵の様子を探りに行くいわゆるスパイを
していたのだけれど、やはりそれは事実でよくあることだったのだそう。
幼い子供は警戒されないから・・・と言う理由だけど。
戦争は本当に人を狂わせてしまう。
mos-3.jpg

庭に出ると戦車、戦闘機、潜水艦、ロケット、魚雷が所狭しと並んでいる。
あまりの数の多さに「ここって土地広いな~」と変な方向で考えてしまう。
mos-4.jpg

資料館内に一枚日本の国旗に数十名の日本人の名前が書かれたものがあった。
資料館の誰に聞いてもそれがいつのものなのか、何を書かれているのか知らなかった。
これは日本人の名前だと言うと、「どうして名前を書くのか?」「そんな習慣があるのか?」と
驚いていた。が、驚くのはこっち。知らんで展示しとんかい!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。